広島カープが怒涛の10連勝昨年の優勝は神ってるだけじゃなかったようです。

開幕から好調同士の対決となった巨人対広島の三連戦ですが、広島カープの連勝で終わりました。広島はこれで10連勝。開幕猛ダッシュといった感じです。昨年神ってるという流行語とともに、セリーグを制した広島ですが、黒田が引退し、昨年の沢村賞投手ジョンソンが離脱中という中での連勝という事で、昨年の強さが本物であったという証明をしたのではないかと思います。対した巨人も決して調子が悪かったわけではなく、開幕後も連勝をしてこの三連戦に入ってきました。まして初戦はエース菅野が先発という事で、まさか三連敗という事は考えなかったでしょう。初戦も序盤は菅野に抑えられていましたが、後半に逆転しました。巨人のリリーフ陣が若干調子が良くなかったという面もありますが、最終戦は抑えのカミネロまで打たれましたので、広島打線の充実ぶりの方が上回っていたのでしょう。若手をうまく育成し、生え抜き選手がほとんどという広島のチーム戦略が一気に開花してきたのではないかと思います。主力選手の年齢もまだまだ若いので、もうしばらくは強い広島が続くのではないでしょうか。フルーツ青汁